スタッフよりお知らせ

  1. [花のいえ]HOME
  2. スタッフよりお知らせ

12月8日より、京都・嵐山花灯路2018が開催されています!!   普段の夜はしっとりと闇の深い嵯峨嵐山界隈ですが、この時期は幻想的な光に彩られます。一見の価値アリですよ!!     渡月橋はこんな感じです! 山のあたりを照らしているのは肉眼にはうっすらなのですが、カメラを通すと、まさにインスタ映え!というような写真が撮れます。カメ...

花のいえから紅葉情報2018〜その4〜 2018/11/21 花のいえ周辺情報

本日11月21日13時頃の花のいえの紅葉の様子です。 5日前に比べて、随分赤くなってきました!     唐門のあたりはこんな感じ……   玄関のあたりから庭園を臨むとこんな感じ……   もう少し全体が真っ赤になりますので、乞うご期待というところでしょうか。 (全体が赤くなる前に大雨など降りませんよ...

秋の京都 嵐山に おこしやす  2018/11/1 花のいえ周辺情報

これから、嵐山も秋を迎えます。   10月31日に「 秋の京都におこしやす キャンペーンin嵐山 」のイベントが行われました。 地震、豪雨や台風により被害を受け、復活した元気な嵐山をアピールし、多くのお客様に来ていただきたく 地元が開催したものです。           ...

渡月橋 元の姿に! 2018/10/25 花のいえ周辺情報

お待たせいたしました、渡月橋の川下側の欄干の修復が終わりました。 台風21号により被害を受けていた欄干の修復工事が、予定(11月2日)よりも早く終わり、今日、10月25日には、元の姿に戻っていました。       歩道の通行規制もなくなり、普段の状態に戻り、観光客も、朝早くから写真撮影をしていました。   ...

渡月橋 欄干補修中 2018/10/12 花のいえ周辺情報

現在、台風21号で被災を受けた、嵐山のシンボルの一つ、渡月橋の欄干の修復工事が行われています。 予定では11月2日まで工事です。それまでの間は、川下側に仮の歩道が設置(南側に向かう一方通行)され、道路の幅が少し狭くなっておりますが、通行、歩行には、支障はありません。         少しご不便をおかけしますが、嵐山...

車折神社 重陽祭です 2018/9/9 花のいえ周辺情報

9月9日、車折神社において、恒例の「重陽祭」が行われました。     重陽祭では、菊の花束と餅の上に菊の花を供え、皆様の健康と長寿、除災、招福を祈願するものです。冠に菊の花を挿した舞人による舞楽が奉納され、多くの見学者が来られていました。     また、車折神社は芸能の神社でも有名です。  ...

五山の送り火 2018/8/17 花のいえ周辺情報

8月16日は、五山の送り火が行われました。   花のいえのお泊まりのお客様もほとんどの方がお出かけされ、渡月橋のあたりから風景を楽しんでおられました。     渡月橋は早い時間から、こんな賑わいでした。 今年は涼しかったので、たくさんのお客様が来られていた模様です。   中之島公園もご覧の通り…… ...

8月9日の朝 6時30分から、渡月橋の左岸側の道路沿いにある商店、旅館、駐車場等で構成する団体(東嵐会)の一員として、皆さんと一緒に、嵐山の景観を維持するため、桂川周辺の清掃を行いました。         前日までに、大きな雑木は河川管理者の方で、撤去していたため、今回は、雑草等の除去が主でした。河川管理者と...

8月16日は五山の送り火の日です! 2018/8/7 花のいえ周辺情報

京都の夏の風物詩のひとつである「五山の送り火」が、8月16日に実施されます。   送り火は、ご先祖様の霊をお送りする精霊送りの意味合いをもつお盆の行事です。   他府県の方には「大文字」や「左大文字」がよく知られていると思いますが、他にも松ケ崎西山と東山の「妙法」、西賀茂船山の「船形」および上嵯峨仙翁寺山の「鳥居形」があり、これが8月16日夜に順々に点火...

安心して下さい 2018/7/13 花のいえ周辺情報

お客様に安心してご利用していただけるよう、補修や点検を適時しています。 先の、6月18日の大阪北部地震、7月5、6日の平成30年7月豪雨により、お客様には、交通網の遮断などにより、ご心配やご迷惑をおかけしました。被災された皆さまの回復を祈るとともに、不幸にも亡くなわれた方のご冥福をお祈りいたします。 花のいえにおきましては、地震や豪雨のあと、施設の点検や補修等を行い、お客様に安心してご...


求人募集

よくあるご質問

  • ご宿泊での過ごし方
  • 日帰りでの過ごし方

花のいえ 周辺MAP

googlemap

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺角倉町9

交通アクセスはこちら

花のいえ由縁記

角倉了以邸趾にある私どもの施設。嵯峨の地に約400年もの歳月を経て現存します建物・庭園をご覧いただき、また違った旅情も味わっていただければ幸いです。

詳細はこちら