スタッフよりお知らせ

  1. [花のいえ]HOME
  2. スタッフよりお知らせ

平成30年台風7号及び前線に伴う大雨により被災された皆さまに、 心よりお見舞い申し上げます。     公立学校共済組合では、平成30年台風7号及び前線に伴う大雨の被災者の方(※)に無料で宿泊室を提供いたします。 なお、お食事代は実費でご負担いただきます。     ※「被災者」とは、避難指示(緊急)または避難勧告...

熱い祇園祭を  2018/7/18 イベント情報

今年も祇園祭の前祭の 山鉾巡行 が、7月17日にありました。 国内外から多くの方が見学に訪れていました。 とにかくとても熱い1日でした。(約37度) 花のいえからは、約30分で、会場まで行けます。 後祭の宵山は7月21日~23日、巡行は24日 です。         祭の参加者の皆さまも、...

花のいえ 平成30年7月~平成31年1月 ご宿泊 空室状況   ※ネットからご予約頂けないお日にちもございます。お電話にてご予約下さいませ。 (ネット販売は、3か月前から行っていますが、余裕のある日のみ出している状況です。変動がございますので、×印の場合もお電話にて空室をご確認頂けたら幸いです)     平成30年10月ご宿泊分より、京...

安心して下さい 2018/7/13 花のいえ周辺情報

お客様に安心してご利用していただけるよう、補修や点検を適時しています。 先の、6月18日の大阪北部地震、7月5、6日の平成30年7月豪雨により、お客様には、交通網の遮断などにより、ご心配やご迷惑をおかけしました。被災された皆さまの回復を祈るとともに、不幸にも亡くなわれた方のご冥福をお祈りいたします。 花のいえにおきましては、地震や豪雨のあと、施設の点検や補修等を行い、お客様に安心してご...

花のいえは通常通り営業しております!! 2018/7/7 スタッフからのお知らせ

昨日、一昨日とニュースで嵐山、渡月橋のあたりの情報をご覧になった方も多いと思います。   5年前の氾濫を思い出して不安になられた方もいらっしゃったかもしれません。   おかげさまで、花のいえは今回も特に被害もなく、通常通り営業しております!!     早い段階で封鎖されていた渡月橋も、本日7月7日の昼には解除されて、...

  嵐山の夏の風物詩 「鵜飼」が7月1日よりスタートしました。 歴史は古く、嵐山の鵜飼は千年の昔から行われています。 かがり火の中、屋台船から嵐山の夜景と鵜飼を堪能下さい。   外国籍の女性の鵜匠さんも、健在です。   運がよければ、彼に会えるかも     実施期...

本日7月1日午前9時より、お電話にて平成31年1月分の予約受付が始まりました!!   1月は比較的お客様の利用が少ない月です。 寒い時期ではありますが、ゆっくり観光したい方におすすめです!! 冷えた体は、花のいえのお風呂でどうぞ温めて下さい。   天然の温泉ではなく、鉱石を使って成分を出している人工温泉ですが、長い間ぽかぽかするとお客様にご満...

職員研修でAEDの講習を受けました。 2018/6/28 スタッフからのお知らせ

先日、花のいえでは、職員研修が行われました。 消防訓練の後は、救命講習を受けました。   胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの操作………2年前に受講している人も、やはり時間が経つと少し忘れているものです。   そして、「前まではこうでしたが、今はこうです!」という事柄もちらほら。 やはり定期的に教えてもらわないとですね。   &...

  期間限定の とてもお得な昼食「七夕御膳」が、6月24日より 始まります。 期間 6月24日(月)~7月8日(月) 利用時間は午前11時から午後3時まで 1組2~4名様 1日 20食限定 大人限定 先着順です。 金額は なんと 3,800円(税、サービス料、室料込)です。 更に、ソフトドリンク1本、ご入浴自由 も お付けしている、企画です。 &nbs...

花のいえは、通常通り営業しております! 2018/6/18 スタッフからのお知らせ

本日午前8時頃、近畿地方で大きな地震がありました。   京都も震度5強が計測されました。 (花のいえのある右京区は震度4とのことです)     ご心配をおかけいたしましたが、花のいえは特に被害もなく、通常通り営業しております!!   ガスが地震を感知して止まってしまった影響で、設備関係に少し不具合が生じておりま...

宿泊予約はこちら お問い合わせ

よくあるご質問

  • ご宿泊での過ごし方
  • 日帰りでの過ごし方

花のいえ 周辺MAP

googlemap

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺角倉町9

交通アクセスはこちら

花のいえ由縁記

角倉了以邸趾にある私どもの施設。嵯峨の地に約400年もの歳月を経て現存します建物・庭園をご覧いただき、また違った旅情も味わっていただければ幸いです。

詳細はこちら