スタッフよりお知らせ

  1. [花のいえ]HOME
  2. スタッフよりお知らせ

花のいえ 2019年1月~2019年7月 ご宿泊 空室状況   ※ネットからご予約頂けないお日にちもございます。お電話にてご予約下さいませ。 (ネット販売は、3か月前から行っていますが、余裕のある日のみ出している状況です。変動がございますので、×印の場合もお電話にて空室をご確認頂けたら幸いです)     平成30年10月ご宿泊分より、京...

平成31年1月28日(月)より1月31日(木)まで、 花のいえは施設点検のため休館いたします。   例年1月の第3週目頃にお休みを頂いておりましたが、今年は最終週の28日より31日がお休みとなります。 お間違えのないようお願いいたします。   ご予約等のお電話は、2月1日(金)午前9時より承ります。 休館中はお電話がつながりませんのでご了承下さ...

お正月、いかがお過ごしでしたでしょう? 2019/1/6 スタッフからのお知らせ

年末年始、みなさまはいかがお過ごしでしたでしょう?   今年は長いお正月休みだった方もおられるかと思いますが、明日あたりからはみなさま通常のお仕事が始まることでしょう。   お正月モードから脱却してお仕事開始するのが憂鬱………という方もちらほら見受けられます。     そこで、「次の楽しみを早めに設定する」作戦はいか...

今年もよろしくお願いします!! 2019/1/1 スタッフからのお知らせ

あけましておめでとうございます。   本年も、花のいえをどうぞよろしくお願いいたします。       今年も「いえにかえったような京のおもてなし」で、皆様にご満足いただけるように、職員一同精進してまいります。 また、新しい年が皆様にとって幸多きものでありますように、心よりお祈り申し上げます。  ...

今年一年ありがとうございました!! 2018/12/28 スタッフからのお知らせ

今年も花のいえをご愛顧いただき、誠にありがとうございました!! 花のいえは年末年始も休まず営業しておりますが、本日で仕事納めという方も多いかと思いますので、花のいえからもご挨拶させていただきます。     今年の文字にも「災」が選ばれましたように、夏は今まで考えもしなかったような災害が立て続けに起こり、様々な地域で辛い思いをされた方が大勢いらした...

12月8日より、京都・嵐山花灯路2018が開催されています!!   普段の夜はしっとりと闇の深い嵯峨嵐山界隈ですが、この時期は幻想的な光に彩られます。一見の価値アリですよ!!     渡月橋はこんな感じです! 山のあたりを照らしているのは肉眼にはうっすらなのですが、カメラを通すと、まさにインスタ映え!というような写真が撮れます。カメ...

花のいえから紅葉情報2018〜その7〜 2018/12/5 スタッフからのお知らせ

昨日の雨で、庭の紅葉はだいぶ散ってしまいました。 しかし、今、地面はかなり華やかです!!       看板のあたりはこんな感じ…普段は緑色の苔も綺麗に見えるのですが、一面真っ赤です。     玄関と中庭園はこんな感じ。       ...

花のいえからの紅葉情報2018~その6 絶紅葉 2018/12/3 スタッフからのお知らせ

嵐山は今、紅葉のじゅうたんが、大変美しい状況です。 当、花のいえでも、その美しい姿を見ることができます。     花のいえを対岸から見ると、紅葉が目立っています。         また、嵐山も彩りが映える時期です。多くの観光客の皆さまが、 その光景を携帯電...

本日12月1日午前9時より、お電話にて2019年6月分の予約受付が始まりました!!     6月は比較的お客様の少ない、落ち着いた時期です。 ゆっくり観光したいという方にもオススメです。 梅雨に入ると雨模様の日も多くなりますが、しっとり濡れた緑の様子もまたおつなものです。   ぜひご予約下さいませ。   ...

花のいえから紅葉情報2018〜その5〜 2018/11/27 スタッフからのお知らせ

お天気にも恵まれ、連休中は、たいへんな混雑でした!!     渡月橋のあたりは、歩いている方も人数制限があったようで、なかなか通るのも困難だったとか。   お車も、いつも通り随分渋滞しておりました。もっとも、べったりと動かなかった数年前に比べると、少しはマシになったかもしれません。     しかし、紅...

宿泊予約はこちら お問い合わせ

求人募集

よくあるご質問

  • ご宿泊での過ごし方
  • 日帰りでの過ごし方

花のいえ 周辺MAP

googlemap

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺角倉町9

交通アクセスはこちら

花のいえ由縁記

角倉了以邸趾にある私どもの施設。嵯峨の地に約400年もの歳月を経て現存します建物・庭園をご覧いただき、また違った旅情も味わっていただければ幸いです。

詳細はこちら