周辺・観光案内

  1. [花のいえ]HOME
  2. 周辺・観光案内

周辺観光マップ

※拡大・縮小は『+』『-』の目盛りで行えます。また地図はドラッグも可能です。

散策コースPDFはこちら

嵐山

嵐山

大堰川に架かる渡月橋を中心にした地域を嵐山といいます。
周辺の景色は京都を代表するイメージといわれるほど、四季それぞれに趣のある美しさをつくりだしています。
渡月橋の川上・亀山公園からの嵐峡の景色は必見です。

花のいえより渡月橋まで 徒歩約5分

地図で確認する

公式HP

天龍寺

天龍寺

後醍醐天皇の菩提を弔うため、足利尊氏が建立した臨済宗天龍寺派の総本山です。 夢窓国師の作と伝えられている特別名勝の曹源池庭園は、嵐山と小倉山の借景を巧みにとりいれた回遊式庭園で独特の美しさを見せており、世界文化遺産となっています。

花のいえより 徒歩約7分

地図で確認する

公式HP

大覚寺

大覚寺

嵯峨天皇の離宮を寺に改めたのが始まり
の門跡寺院。境内の建物の多くが回廊に
よって結ばれており、優雅な雰囲気です。
また、客殿や寝殿には狩野山楽による牡
丹図や紅梅図など重要文化財に指定されている多数の襖絵があります。
日本三大名月鑑賞地、大沢池。

花のいえより バスで約15分

地図で確認する

公式HP

常寂光寺

常寂光寺

紅葉の名所、小倉山の麓から中腹にかけて、楓に覆われた風光明媚な所にあります。
藤原定家の山荘・時雨亭があったところで、「小倉百人一首」もここで編集されたと言われています。

花のいえより 徒歩約20分

地図で確認する

公式HP

落柿舎

落柿舎

柿の古木に固まれた葺屋根の草庵は、松尾芭蕉の弟子、向井去来(1651-1704)が住んでいたところと言われています。
かつて松尾芭蕉はここを訪れ「嵯峨日記」を書いたと言われており、背後の竹やぶの中には去来の墓があります。

花のいえより 徒歩約20分

地図で確認する

公式HP

二尊院

二尊院

承和年間(834~847)、嵯峨上皇の勅命により建立した華台寺の旧跡で、釈迦如来と阿弥陀如来の2体を祀っていることから名づけられた寺院です。
背後の小倉山は古来もみじの名所であり、二尊院のもみじの美しさは嵯峨随一と言われています。

花のいえより 徒歩約25分

地図で確認する

公式HP

祇王寺

祇王寺

平清盛の侍女祇王が寵を失い、祇王の母と、妹の祇女とともに、尼として出家し余生を送ったところ。
仏御前も後に尼となりここに住んだと言われています。
本堂には清盛と祇王ら4人の尼僧像を安置しています。

花のいえより 徒歩約30分

地図で確認する

公式HP

化野念仏寺

化野念仏寺

二尊院から念仏寺までの一体を化野と呼呼び、昔、遺骸を風葬したところで、その菩堤を弔うために弘法大師が建立しました。
毎年8月23日・24日、無縁仏にろうそくを供える千灯供養は有名です。

花のいえより バスで15分

地図で確認する

公式HP

仁和寺

仁和寺

宇多天皇が仁和4年(888年)に創建して以来、法親王が住持し「御室御所」と呼ばれました。
御所の紫宸殿を移築した金堂(国宝)の他、五重塔や観音堂(共に重要文化財)等があり、境内の桜は「御室桜」 (名勝)として有名です。世界文化遺産となっています。

花のいえより 嵐電で約25分

地図で確認する

公式HP

龍安寺

龍安寺

細川勝元が宝徳2年(1450年)に徳大寺家の別荘を譲り受けて建立した寺です。
東西30メートル、南北10メートル余りの長方形の白砂の庭に15個の石を配置した 方丈南側の枯山水庭園(史跡・特別名勝)が石庭として名高く、世界文化遺産となっています。

花のいえより 嵐電で約35分

地図で確認する

公式HP

トロッコ列車

トロッコ列車

嵯峨駅から亀岡駅までの7.3km、車窓から保津川|と保津l峡の景観を楽しむことができます。

所要時間は約25分

花のいえより 徒歩約7分

地図で確認する

公式HP

東映太秦映画村

東映太秦映画村

映画をテーマにしたアミューズメントゾーンです。江戸や明治時代など昔の町並みを再現したオープンセットがあり、時代劇の撮影が見学できます。
「時代劇扮装の館」では扮装を体験でき、土日には子供たちに人気のキャラクターショーも行われています。

花のいえより バスで15分

地図で確認する

公式HP

ページトップへ

花のいえでの過ごし方

日帰りでの過ごし方

ここからはトロッコ列車に揺られ、約25分の列車の旅

トロッコ列車のご案内はこちら

※トロッコの前売券は1ヶ月前よりJR西日本の主な駅の「みどりの窓口」や、全国の主な旅行会社でお買い求めいただけます。
休日や桜・紅葉のシーズンは混みあいますので、あらかじめご購入されますことをおすすめします。

▼

午前10時30分、嵯峨野トロッコ列車 亀岡駅に到着

▼

ここからはバスに乗り換え、乗車約16分

▼

午前11時発の船に乗り、約2時間の川下り

※乗船場はJR亀岡駅より徒歩10分のところにございます。
(JR京都駅より亀岡駅まで嵯峨野線で約30分)

▼

約2時間の船旅が終わり、ここから徒歩で花のいえへ

▼

ご昼食に「すみのくら弁当」、昼御膳「おぐら」などは
いかがでしょうか。個室でゆっくりお召し上がりいただけます。

トロッコ列車のご案内はこちら

※ご昼食はご予約でお伺いしております。
(予約状況によりご用意できない場合もございますが、その節はご容赦下さい。)
※トロッコ列車のご予約は、お客様ご自身でお願いいたします。
(嵯峨野トロッコ列車 Tel.075-861-7444(自動音声案内))
または、JR嵯峨嵐山駅へお問い合わせ下さい。)

※お客様のお荷物はフロントにて、お預かりいたします。

ご宿泊での過ごし方

春には桜、秋には紅葉と四季折々の美しさで、
訪れる人々を楽しませる嵐山でのんびりと観光。

▼

▼

チェックインを済ませ、観光の疲れを光明石使用の
準天然温泉でゆったりと癒します。

▼

四季折々の食材をふんだんに使用したお料理を
お部屋でゆっくりお召し上がりいただけます。

ご予約ご宿泊プランはこちら

▼

400年の歴史を持つ「關鳩楼(ごてんの間)」でお召し上がり下さい。

▼

チェックアウトまでのひとときはロビーでモーニングコーヒーを。

▼

久利匠で学ぶ「手描友禅素描染」で
あなたのオリジナルのハンカチを作ってみませんか。

※10名様以上の場合は事前のご予約が必要となります。
久利匠 Tel.075-882-2171(定休日:毎週水曜日)
※お客様のお荷物はフロントにて、お預かりいたします。

ページトップへ

宿泊予約はこちら お問い合わせ

よくあるご質問

  • ご宿泊での過ごし方
  • 日帰りでの過ごし方

花のいえ 周辺MAP

googlemap

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺角倉町9

交通アクセスはこちら

花のいえ由縁記

角倉了以邸趾にある私どもの施設。嵯峨の地に約400年もの歳月を経て現存します建物・庭園をご覧いただき、また違った旅情も味わっていただければ幸いです。

詳細はこちら

ページの先頭へ